エアガン、エアソフトガン、銃、シューティング、スポーツ、安全、北海道、東北、関東、中部、関西、九州、掲示板、コミュニティ

ATPFは、1997年よりエアーソフトガンによるアクションシューティングの運営・推進をおこなっている愛好家の集まりです。

ATPF -Active ToyGun Players Foundation-

ATPFを始めよう!

ATPFに参加しよう

ATPFは、シューティング競技に興味をもたれた方のご参加を、心から歓迎します。
新しい仲間として一緒に楽しんでいきましょう。
以下は、下記に表示している順にエアガンの知識に薄く、これからはじめようという方を
対象に書きますので、詳しくお聞きになりたい方は、メールにてご相談ください。

参加条件の確認:参加する前の心得

必要な道具:参加する前に必要なモノ、やるべきこと
ATPF部門分け:ATPFは道具によっていくつかの部門に分かれます
基礎的インストラクション:インストラクションの予習
ステージ1について:毎月行なわれる、弾数制限のあるプレートステージ
ステージ2.3について:毎回内容が変わるタクティカルステージ

参加条件の確認

  • 参加資格
    [check]18歳の健全な男女であること。
    (18歳未満は、保護者同伴か、参加承諾書を持参。ATPFの魂を理解し、尊重できる者。
    [check]社会的、一般常識があり、反社会的活動に参加してないこと。
    以上の項目をクリアしていればOKです。
    同じ趣味の仲間をつくろうと意識があれば大丈夫ですよ。
    尚、レギュラー大会は、賞品等はありませんので、そちらの方も理解いただける方です。
  • 自己責任の原則
    競技に参加することは全て自分の責任において行なってください。
    当方では、そこで参加者の不都合やケガが生じても、一切の責任を負いかねます。
  • 道具の調達
    エアーソフトガンは銃器ではありませんので、
    参加に必要な物は、玩具店ホビーショップで取扱あります。
  • 目を守るために必要なシューティンググラス
    ポリカーボネイト製など、耐衝撃性を考慮したモノ。
    眼鏡等使用されている方はそのままでも可能な会場がありますが、
    安全を考えてオーバーグラス等用意されたほうが望ましいと言えましょう。
  • エアソフトガン
    国内で、合法であると認められたモノ。
    種類は、ガスブローバックというタイプが主流になってますので、お店に聞いてみるといいでしょう。
    (当然、ほとんどのハンドガンならOKですが、それなりの知識、出費が必要となってきます)
  • エアガンを入れるためのバッグ
    専用の物でなくてもかまいませんが、エアソフトガンをそのまま持ち運ぶということは、社会的には認められない行為です。最低のマナーです。
  • パワーソース
    BBを発射させるために必要なモノ。HFC134、バッテリー等。詳しくは、エアソフトガンを買ったお店に問い合わせてください。
  • BB
    プラスティック製で0.3g以下。
    これも、会場によって制限があるところもありますので、会場で使える物を確認した上で、お店に問い合わせください。
  • あれば良いと思われるもの
  • ホルスタ
    画像の説明
    自分のエアーソフトガンを入れるためのもの。
    自分のガンが入って、トリガー部分が隠れている物です。
    解らないときは、ショップに相談しましょう。
  • 尚、ホルスタがなくても、基本的参加は可能です。
    また、ホルスタからのドロウ(抜いて撃つ)ということが、安全に行なえるとインストラクターが判断した場合に、使用して競技に参加できますので、その点ご了承ください。
    また、種類によって部門分けにも関わってきますので、後述の部門の説明をご覧下さい。
  • その他必要なもの
    エントリフィー/会場代
    各会場では、運営費をいただいています。
    金額は、会場によってことなりますので、お問い合わせください。
    (約¥1,500~3,000程度)
  • 手順(ATPFシステムの流れです)
    Step1.自分の参加できる開催地を確認します。

    Step2.各開催クラブへメールを出します。
    (各会場のインストラクターは人望の厚い方ばかりです。心配せずに、メールをお送りください。メールが無いときは、インストラクションの準備が出来ていないときがありますのでご了承ください)

    Step3.各開催クラブに加盟します。
    開催クラブの面積事項などに了承されて、参加の意思をご確認します)

    Step4.競技に参加します。
    (競技の前に、ルール説明、コース図の説明中があります)

    Step5.成績発表
    (毎月、本ホームページに、成績が発表されます。

ATPF部門分け

ATPFは、参加する道具の種類によって、いくつかの部門に分かれてます。
それは、自分と似たような装備での参加者どうしで、
目標を持ちやすいという発想から生まれたものです。
以下にその説明をしていきますので、自分の趣味に合った、部門に参加しましょう。
尚、エアガンの知識に薄い初心者向けに記載しておりますので
さらに詳しくは、ルールブックを熟読してください。
また、会場によっては複数の部門に出場を認めている会場がありますので、
道具を沢山もっている方は、是非参加会場に問い合わせて見ましょう。

  • 全ての部門においての基準ガン
    日本国内で、合法とされるエアガンで、発射されるBB弾のエネルギーが0.8J(ジュール)以下の
    セミオート(1発づつ撃てる)ハンドガンタイプのエアーソフトガンであること。
    トリガーガードがあること。
    ※一部、カスタムスライド、フレームの名称で発売されている金属外装パーツの装着はご遠慮いただいてます。
  • ホルスタ
    ガンを入れるための鞘です。ガンをホルスタに入れた時点で、
    トリガーに指がかからないモノ(露出していないもの)で、
    高さ40cmのバーを跳んで、着地しても落ちない物を目安としてください。。
  • エントリー部門(ET)
    合法な、エアガンさえあれば、参加できるというコンセプトの部門です。
    ホルスタが無くても参加できますので、気軽に参加できます。
    また、ホルスタを持ってきても、安全に競技ができないと
    インストラクターが判断した場合は、この部門に参加してもらうことになります。
    ステージ2.3において、この部門では同じ条件でスタートできないことがあります。
    その場合はインストラクターの指示どおりに行なってください。
    ※通常、ダウンレンジ向き、セイフティオフで、45度ローレディスタンバイです。
  • ガン
    セミオートハンドガン(標準でダットサイトを載せなくては撃てないものは、搭載可能)
  • ホルスタ
    必要なし
  • ロングガン部門(LG)
    全長60cm以上の、ナガモノエアガンで、楽しもうというコンセプトです。
    サイトの選択は自由です。
    ステージ2.3において、この部門では、同じ条件でスタートできないことがあります。
    その場合はインストラクターの指示どおりに行なってください。
    ※通常、ダウンレンジ向き、セイフティをかけて、45度ローレディスタンバイです。
  • ガン
    セミオートができるライフルタイプ
  • ホルスタ
    必要なし
  • スタンダード部門(ST)
    画像の説明
    多くの種類の装備に参加の機会を与えるというコンセプトです。
    ダットサイト等光学サイト以外の殆ど全ての、ガンの形式、機構で参加できます。
    ホルスタの形式も選びません。尚、ガンベルトに、
    コルトシングルアクションアーミィといういわゆるウエスタンスタイルでも参加できます。
    (ガンベルトは、バケット等競技専用は不可です)
  • ガン
    光学サイトなしのセミオートハンドガン
  • ホルスタ
    画像の説明
    制限なし(レース用ホルスタ可能)
  • オ-プン部門(OP)
    画像の説明
    競技として、速さを求めたレース装備で参加するコンセプトです。
    ダットサイト等光学サイトも使用可能です。
    ガンの形式、機構も選びません。ホルスタの形式も選びません。
  • ガン
    セミオートハンドガン
  • ホルスタ
    制限なし
  • オープンキャリー部門(OC)
    画像の説明
    ガンを、キャリー持ち運ぶというの装備で参加するコンセプトです。
    ガンは現在主流になっているブローバックオートのみです。
    レースホルスタ等は使用でません。
    サバイバルゲーム等で使用されることの多いレッグホルスタ等で参加が可能です。
  • ガン
    セミオートハンドガン
  • ホルスタ
    キャリータイプ、レッグホルスタ
  • コンシールドキャリー部門(CC)
    画像の説明
    ガンを、隠し持つという発想の装備で参加するコンセプトです。
    まず、装備を隠すための上着を着用なくてはなりません。
    ガンは、ブローバックオートで銃身が5インチ以下
    (ガバメントをマックスサイズ)、リボルバは、4インチ以下です。
    以上のように制限されています。
    そして、ステージ2.3ではリロードが義務つけられてますので、指定に従います。
    ホルスタもコンシール性を考えた物でなくてはならいですし、同じくコンシール性を考えたマグパウチも必要となってきます。
  • ガン
    セミオートハンドガン(オートは5インチ、リボルバは4インチ以下)
  • ホルスタ
    キャリータイプのみ
  • その他必要なモノ
    画像の説明
    両手を上げても装備が隠れている上着、キャリータイプのマグパウチ
  • 6ガン部門(6G)
    画像の説明
    回転式の弾装を持つリボルバで参加できるコンセプト。
    ケース式のリボルバの場合は、6発以内でのリロード(弾の交換)
    が必要になります。(カートは18発以上もっていることが望ましい)
    また、マルイ製やタナカ製のケースレスリボルバでも、
    6発以内にFリロード(リロ-ドの真似)をすることによって、参加が可能です。
  • ガン
    回転式弾装のリボルバ
  • ホルスタ
    制限なし
  • 必要なテクニック
    リロードもしくはFリロード

基礎的インストラクション

ここでは、当日行なわれるインストラクションの予習と言う事で、
説明しますので、見ていきましょう。
この基準は、実銃の取扱、マッチにも即した内容になってます。
他の、シューティングマッチでも通用することが多いですので、
ATPF以外のマッチに参加する方も、 勉強しましょう。
これは、ペナルティうんぬんよりも、
エアソフトガンを扱う上での最低のマナー常識と考えます。

前提として、ココにかかれていても若干の差異が各地、各マッチであることがあります。
わからないことは、 インストラクターに聞くということを心がけましょう。
ATPFは、ガンをホルスタから、ドロウ(抜く)したり、
移動したり、隠れて撃ったり、 とてもエクサイティングです。
しかし、安全に行なう為には知っているべきこと、実行するべきことがあります。
それを理解して、参加しましょう。

会場へ行く前に

  • 安全な状態で保管
    画像の説明
    まず一番重要なことは、ガンを安全な状態”クリア”にしておかなくてはなりません。
    オートはマガジンは抜いて、チェンバーのBBも出しておく。
    リボルバもカートリッジを抜く等クリアにしておきます。
    そして、ガンケースやバッグに入れて持ち運びます。
    ガンの形をしたモノを見せてあらぬ誤解を受けないための 社会常識でもあります。
  • トリガーには撃つとき以外に指をかけない
    これは、常に心がけます。
    できるならば、トリガーガードよりも、フレームがわに持ってきて、
    自分は撃つつもりはないとアピールすることを年頭に置きましょう。
  • 常に銃口の向きを考え、安全な方向へ向ける
    画像の説明
  • 競技では、180度ルール正面に対して、
    左右180度以内での銃口のコントロールを
    しなくてはならない競技が殆どです。
    しかし、それ以外のときも、
    銃口が常に安全な方向へ向いているか?
    そちらの方に人がいないか?
    考えることは、ガンを持つ人の常識です。
    許可のあるところでの、出し入れ
    会場へ着いたからといって、すぐガンを出して
    振り回していいということはありません。
    必ず、許可のあるところを確認して、出し入れしましょう。また、人からガンを見せてもらうときも同じことです。
  • ダウンレンジ・アップレンジ
    画像の説明
    競技場と指定された場所であっても、向いてはならない、方向があります。
    ターゲットのある方向をダウンレンジといい、
    他の人が見ている方向をアップレンジといいます。
    常に、銃口はダウンレンジに向いていなくてはなりません。
  • ホットレンジ・コールドレンジ
    競技者が、ガンにロードして撃てる状態にあるときは、
    ホットレンジといい、 シューターと権限のあるインストラクターだけしか、
    レンジに入ることは出来ません。
    競技者が、競技を終了して、ガンクリア(安全な状態)したことを
    インストラクターが確認し ”Range is Safe”(レンジイズセイフ)
    と言われたらならば、そのレンジは コールドレンジいといい、
    採点やテープ張りの役割の人は、レンジに入ることができます。
  • 競技準備
    シューティングラインへ付く
    競技会場では、自分の番になったときに、シューティングラインにつくことができます。
    呼ばれて、確認をした上で指定の場所へ行きましょう。
  • 撃つ準備
    ATPFでは”ロードアンドメイクレディ”と言われます。
    そうしたら、立ち位置、的、サイトの確認ができます。
    その時、2~3回ドロウしても構いません。
    (但し、練習ではありませんので、あまり長い時間は× です)
  • ロード
    準備できたら、マガジンを挿入して、スライドを引きます。
    (その時、銃口の向きに気をつけます)
    ガバメント等シングルアクションは、 セイフティをかけます。
    ダブルアクションは、ハンマーダウンの状態であれば セイフティはかけなくてもOKです。
  • スタンバイポジション
    ガンの準備ができたら、各ステージごとに、決められたスタンバイポジションをとります。
    インストラクターに”Areyou ready?”(アーユーレディ)と聞かれて、
    準備できていれば、 うなずくか、そのままじっとしていれば、準備できたと判断されます。
  • 競技開始
    インストラクターは、競技者が準備できていると判断すれば、
    "standby"(スタンバイ)と声をかけます。
    その後、数秒後に競技開始の合図(多くは、タイマーのブザー音)で競技を開始ます。
  • 競技終了
    アンロード
    競技を終了したら(多くはストップターゲットを撃ちおえたら)、
    ガンを安全な(クリア)な状態へ戻さねばなりません。
    "unloadand show clear"(アンロードアンドショウクリア)と声をかけられたら、
    自分のガンから弾装を出して、スライドを引いて、ガンがクリアな状態であることを、
    インストラクターに 確認してもらいます。
  • ガンクリア
    インストラクターが確認できたら”Ok” もしくは、
    ”GUN CLEAR”と声がかかりますので、スライドを戻します。
    その後で、必ず再度弾の出ないことを自分の責任の上で確認するために、
    ダウンレンジ向ってトリガーを引いて、 空撃ちして見せます。その後、ホルスタにしまいます。
  • レンジイズセイフ
    以上の手続きが済み、インストラクターが”Range is safe”
    (レンジイズセイフ)と声をかければ、 競技終了です。
    全ての動作は、ガンがダウンレンジへ向けて行なうことに、注意してください。
    途中で、撃てなくなったり、予期せぬ混乱状態になった場合は、
    必ずインストラクターに声をかけ、 ガンクリアの手順を踏んで、退場してください。

競技以外でのお手伝い

  • ボランタリースポーツ
    画像の説明
    ATPF含め、殆どのシューティングスポーツは、
    ボランタリースポーツと呼ばれます。
    つまり、参加する人はお客さんではなく、
    一緒に競技をする仲間ですので、
    会場設置や、 後片付けの手伝いをしてもらってます。
    また、競技中はタイマーを使ったり、テープを張ったり、 採点をしたり、
    そういうことも手伝ってもらいます。
    自分から、言われるのを待つのではなく、
    気付いた人からやりましょう。
    そうすることで、色んな人とコミニケーションもとれます。

各ステージの説明

ステージ1の説明

ステージ2,3の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

designed by Free Wordpress Themes | Web Hosting Geeks | QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

エアガン、エアソフトガン、銃、シューティング、スポーツ、安全、北海道、東北、関東、中部、関西、九州、掲示板、コミュニティ