エアガン、エアソフトガン、銃、シューティング、スポーツ、安全、北海道、東北、関東、中部、関西、九州、掲示板、コミュニティ

ATPFは、1997年よりエアーソフトガンによるアクションシューティングの運営・推進をおこなっている愛好家の集まりです。

ATPF -Active ToyGun Players Foundation-

ステージ1の説明

ステージ1について

画像の説明

ATFPは、毎月3ステージの合計タイムトライアルとなってます。
そこで、それぞれの内容に触れていきたいと思います。
ステージ1は、プレートを使用した、毎月同じ設置の競技となります。その名は”ペンタゴン ルーレット”です。
ATPFのステージでは、
もっともシンプルかつ、難関といわれています。
このステージの目的は、確実に、それでいていかに早くヒットできるか?ということです。

ステージの特徴

  • プレート
    画像の説明
    直径12.5cmのプレートを使用します。これは、何所でも1発当たればOKです。ゆっくり撃てば、殆どの人が市販のエアガンで確実に当てられるモノです。ヒット/ミスの判断は、ヒット音とターゲットの微妙な揺れで判断します。競技中に当たったかどうか?不安な時は、インストラクターに尋ねても結構です。
  • タイムトライアル
    このステージは、3ストリング(3回の試技)の合計タイムに
    ペナルティタイムを足した合計が、最終スコアとなります。
  • 3ストリング17発ルール
    もっとも、このステージが難しいといわれる所以が、
    3ストリング15枚の的をヒットするためにあたえらる弾数は17発です。
    これ以上の使用は1発につき3秒のペナルティが加算されます。
    2発の余裕をどう使うか?あたなた次第です。
  • 月変わりストッププレート
    ストッププレートに設定されるターゲットは、
    毎月一つづつ変動していきます。例:今月P1なら、来月P2。
    同じ設置であっても、必然的に違う順番で撃たなくてはなりません。

主なペナルティ対象行為

  • スタートポジション
    毎回、ハンズアップ(両手首が肩の高さより上にあること)です。
  • オーバーショット
    3ストリング17発以上、発射させたとき1発ごとに3秒づつの加算。
  • ミスヒット
    ヒットできずに、ストップを撃った場合は、その枚数に応じて3秒づつの加算。
  • ラインオーバー
    5mラインより、足を踏み出して撃った場合。

※ステージ1で、主に考えられるモノですが、
その他詳しくはルールのページをご覧ください。

ステージ2,3の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

designed by Free Wordpress Themes | Web Hosting Geeks | QHM Temps

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

エアガン、エアソフトガン、銃、シューティング、スポーツ、安全、北海道、東北、関東、中部、関西、九州、掲示板、コミュニティ